自己血糖測定器の使い方と使用する時の注意点をまとめました

血糖値は、健康に大きな影響を与えるとても重要な数値です。
ですが、体重などとは違って、簡単に自分の血糖値を知る事は出来ないと思っている人が多いでしょう。
ところが、自宅で血糖値を測る事が出来る自己血糖測定器というものがあるんです。
この自己血糖測定器の使い方をご説明しましょう。

 

血糖値自己測定器の具体的な使い方

血糖値自己測定器

(参照:http://jinnouchihp.blog121.fc2.com/blog-entry-207.html)


自己血糖測定器の使い方は、機種によっても多少異なりますが、基本的には測定器に測定チップをはめ込み、次に清潔にした指に穿針器具を刺して血を出し、その血を測定器に染み込ませ、しばらく待てば血糖値が表示されるというものです。
血糖値を測るタイミングは、一日に7回ほどあると言われています。
通常は週に3日ほど朝食前と夕食後の1日2回測り、月に2回程度毎食前と食後2時間後、それと就寝前の7回測るのが一般的です。
自己血糖測定器は、大きさも片手に乗るぐらいで、価格も1万円程度ですから、血糖値が気になる人は購入してみるといいでしょう。

 

YouTubeなどの動画でも、使い方を紹介している動画や実際に使っている方の動画があるので、見てみるのも良いと思います。

 

 

血糖値自己測定器を使用する際の注意点は?

指に穿刺針を刺した時、血液がうまく出て来なかったからといって指先から血液を絞り出すのは、血液にそれ以外の体液が混じってしまい、測定結果に誤差が出やすくなる可能性があるため、やめておきましょう。
指から血液が出やすくなるよう、事前に穿刺する部分を温めたり、揉んだりしておくとスムーズに測定しやすくなります。
また、穿刺針や測定チップは毎回交換しなくてはいけません。
それほど高価なものではありませんが、使用頻度によってはコストがかかってしまう場合もあります。

 

血糖値は変動する

血糖値は、食事内容や運動の有無、体調、ストレスなどによって随時変動しています。
また、病院で測った血糖値と自分で測った血糖値が違う場合もあります。
病院で測定した血糖値は、それを正常な血糖値との比較に使用できる精度の高いものですけれど、自分で測定したものは多少誤差が生じる場合があるんです。
ですから、自己血糖測定器の血糖値の数値自体ではなく、数値の変化に注目して使用した方がいいでしょう。

血糖値サプリランキング

関連ページ

血糖値の検査はどんな事をするの?費用や料金は?保険は適用する?
血糖値サプリランキングでは、血糖値を下げる成分が配合されたサプリを19種類も比較しランキング化しました。健診などで「血糖値が高い」と言われてしまった方へ、血糖値が上がる原因や血糖値を下げる方法も紹介しています。サプリを選ぶならぜひご参考下さい!